FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

菊

Author:菊
かの有名な脱力少年。
北海道在住気付けば大学生。専攻は教育心理学。

SAX吹きです。ゲーム好きです。
最近は書くことが無いのでゲームレビューでも書きます。

鑑定



●使用機材●
Yanagisawa T-991
Yanagisawa A-800
演奏に関する記事は現状では書いていないので細かいセッティング等は割愛。

●性質●
みはる信者

●尊敬するミュージシャン●
milktub
bamboo
ビートまりお
アッチョリケ
佐藤天平
塩生康範
すぎやまこういち
崎元仁
岩田匡治

●みはる信者●
とにかくみはる信者。
生粋のみはる信者。
救いようの無いみはる信者。
どうにもならないみはる信者。
どこまでもみはる信者。
まるで導かれるように光へと走り出すみはる信者。

LUNA+ticみはる信者。
I am...みはる信者。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

此処に於いて「戯言」とは「ざれごと」であり「たわごと」ではない
菊の戯言
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20110828]
あぁ、喉が痛い。

もう5日目、熱は下がったのに喉が痛い。



さて、

鬼の難易度で有名な「ロマンシングサガ2」です。




RPGレビューNo.2

ロマンシング・サ・ガ2

1993年・スクウェア

ハード:SFC

物語★★★★★
容量★★★★★★
内容★★★★★★
操作★★★★★
絵柄★★★★★
音楽★★★★★★
調整★★★★
特殊★★★★★
総合★★★★★
好み★★★★★★
キャラ・
難易度・
オススメ度・

1はなんか、操作性が辛すぎて挫折しました。

4回始めたけど、クリアしたのは初めて。

小学生の自分にはつらかった。どうでもいいが二十歳になって最初にクリアしたのはこの作品ということになる




【シナリオ・ストーリー】

久しぶりにやってみたが、やっぱりシナリオは薄い。

マルチストーリーって奴です。自分で歴史を文字通り作っていく。

しかしまぁ、やる順番が変わるくらいかな、なんて気もしてきてしまいます。

ひとつひとつを見ると良い話もあるんですが、セキシュウサイとか好きですし。

それでも自由であるが故に、順番が自由であるが故に、互いに干渉しない程度のイベントなんですよね。

伏線とかも多少ありますが。

七英雄戦前でさえキャラがあんまり喋らないのでなんとも。

その分、私は音楽で燃えますが。

そういえば、コッペリアを皇帝にしたけど特にEDに変化が無かったような。

あそこであいつを見つけてBGM変化した時にはちょっと、キたが。



【システム・操作性】

ダッシュすると視界が狭くなる、いや確かにリアルかもしれないが、

やりにくいことこの上ない。若干処理落ちするし。

戦闘中もキャラがくるくる回って(好きだけど)合間が長い。

キャンセル時の操作受付までのが長い。


システムといえば技の閃きですな。

攻略サイトを見て、誰なら閃けるかが分かればポンポン閃きます。

これが小学生の時との一番の差なのではないかと思います。当時は自宅にPCなんてなかったし。

皇帝以外の初期能力の決定方法も知らなかったしな。今でも正確に予測を立てるには至りませんが。

最後から2番目のパーティで、ライーザが最初の攻撃でファイナルレターを閃いた時の感情は筆舌尽くしがたい。

小学生の時はいくらやっても閃かなかったのに……。

最終的には体術と活人剣以外は道場に揃ってたな。


あとは城の施設の増築・開発ですか。

忍耐強くなった二十歳の私には250戦闘など余裕。

収入2万で300万貯め、新市街を作った勢い。

武具開発も大体済ませ、お店にも必要なものは揃ってたな。

しかし時間がかかるよ、あれは。



【グラフィック】

個人的には好き。ただ、敵がグロい。雑魚も七英雄も。

中ボスはあんまりグロい奴はいなかったな。

味方のグラフィックは丁度良いとおもう。ゲームらしい2頭身ドット。

技が長すぎる奴と地味すぎる奴の差が激しすぎる。

帝国軽装兵♀と海女が可愛いから良いんだ!海女使ってないけど。

宮廷魔術士♀が好きだけどネットを見て情報収集した今回は見送った。

なんかキャラの話になってきた……。最終皇帝♀は原画と比べてあまりにも可愛くない。



【音楽】
作曲:伊藤賢治

「バトル2厨」と呼ばれる私が最も愛するバトル2のひとつがこの作品の「クジンシーとの戦い」である。

七英雄戦もラストバトルも良い。最早どこが良いのか分からない程に良い。

マップの音楽もイカしてる。シロアリの巣のBGMなんて壮大で好き。

サラマット以外は大体好き。




【バランス・難易度】

このゲームを二言で言うと、

ラピッドストリームで、クイックタイム。な訳だが、

どちらも一度も使わなかったな。

結局最後までアマゾンストライク。要するに、陣形は使えるやつと使えないやつの差が激しい。

雑魚の攻撃でLP削られることもあるからセーブはかなりこまめにしたし、煩雑だった。

「敵に合わせた対応をしないと勝てない」的なところがあるが、

私はというと力押しだった

切ない。精々ソードバリアくらいなもの。

氷竜を1ターンキルなんて、小学生の自分じゃ想像もつかなかっただろうよ。

全員で剣か大剣を使ったらもっと強いんだろうな。

竜鱗残像剣+あとは適当にAボタン押しっぱなしで雑魚戦闘を終えられるレベルになると開発効率はぐんと上がる。

そしてひたすら戦闘を繰り返すと、普通のRPGくらいの難易度になる。

そんなことをやってしまった。

普通にやると敵に合わせた方法をとって攻略していくことになるんだろう。

しかし、これだけ戦っても武具の開発が終わらないような状態である。

適正な度合いなどなく、難易度もフリーなんじゃないだろうか。



【まとめ】

ややアンバランスだが、それでも前作のようにやる気が殺がれる程ではなかった。少なくとも私は。

前作をやった直後だったからか。小学生の頃は最終皇帝になってからやめたこともあったし。

閃きの楽しさ、地図を広げる楽しさ、武具を開発してそれがお店に並ぶ楽しさ、私が感じた楽しさは色々あるが、

やる人によってもっと色々な楽しみ方が出来るのではないだろうか。

縛りプレイの難易度など凄まじいことになるだろう。

理不尽と難しいの狭間の難易度、いまどきのRPGにはないスリルがあるかもしれない。



今回のプレイのお気に入りPTとコッペリアとロックブーケ。良い画だ。インペリアルガードが海女だったら尚良かった。

ロックブーケ

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://kikunozaregoto.blog74.fc2.com/tb.php/1215-710059cb
HOME
copyright © 2005 菊 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
流れる戯言

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バロメーター

相互リンク 飛べ!

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する
リンク

mod_uploader
VIPろだ⊂二二二( ^ω^)二⊃

ブログ内検索

RSSフィード

バナーゾーン


我等がYURIA様のオフィシャルサイト 20061003210806.jpg
YURIA様がボーカルを勤めるロックバンド 20061003211231.jpg
哀川潤同盟ですけど?文句ある?                哀川潤同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。